セルライトができやすい食生活と予防のための食事

 

セルライトができやすい食生活というのは、脂肪を蓄積させ、むくみの原因となる食事です。高カロリーで脂っこい食べ物を摂っていると、セルライトができやすくなります。脂肪を蓄積しやすく、血液をドロドロにするので注意しないといけません。塩分の多いものもよくなく、体が水分を欲しがるので、むくみの原因になります。クッキーやケーキなどの甘いもの、体を冷やすもの、アルコールやタバコなどもセルライトの原因になります。セルライト予防のための食事は、ビタミンB群の食品を積極的に摂ることです。セルライトのできにくい体に変えていくには、ビタミンB群を多く含む食品がおすすめです。具体的には、緑黄色野菜、玄米、肉、たまご、魚、ナッツなどで、普段インスタント食品やコンビニ弁当などをよく食べている人は、切り替える必要があります。セルライトができやすい人は、予防のために、肉より魚の食生活を心がけることです。特に青魚は血液をサラサラにしてくれるので積極的に摂り入れるべきです。1日のうち1食だけ変えるだけでも、予防に大きな効果をもたらしてくれます。

 

肉割れ消す


更新履歴